Once Bitten,Never Shy~言わずに死ねるか!~
日々の出来事言いたい放題。毒適量。
Welcome Back!鬼束ちひろ


 昨年秋の全国ツアーを前に、体調不良により突如として再び活動休止に追い込まれた鬼束ちひろ、活動再開の狼煙となる待望のニュー・シングルがリリースされることになった。

 タイトルは、「X/ラストメロディー」、リリースは5/20の予定だ。詳細については、彼女の公式サイトを参照のこと。
 
 1曲目に収録される"X"は、昨夏のROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008でも披露された楽曲であるとのこと。

 録音時期は不明ながらも、既報のとおり、3/25リリースのTHE CARPENTERSのトリビュート・アルバムへ参加することが決まっており、そのことが活動再開への布石となるのではないかと、期待と注目が高まっていたのだが、まさかこんなに早く新しい音源ををリリースすることになるとは予想だにしていなかったので、嬉しい驚きだ。

 勿論、今後も心身のバランスをいかに保っていくかということが課題になるとは思うが、無理せず、しかし一日でも早く我々の前に歌う姿を現してもらいたい。
スポンサーサイト
鬼束ちひろ@渋谷Bunkamuraオーチャードホール~NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS~(2008/04/26)
 鬼束ちひろは、まだ死んではいない。それを実感させられる、本当に、本当に素晴らしい復活コンサートだった。
[鬼束ちひろ@渋谷Bunkamuraオーチャードホール~NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS~(2008/04/26)]の続きを読む
2007/08/18 「僕等 バラ色の日々」そして「LAS VAGAS」
onitsuka.barairo.jpg

 アンジェラ・アキの2ndアルバム「TODAY」の発売で盛り上がっている私ですが、忘れちゃいけない大切なもうひとりの女性アーティスト、鬼束ちひろの復帰第2弾シングル「僕等 バラ色の日々」も、「TODAY」と同じく9/19にリリースされる。

 タイトルからはどのような楽曲かまったく想像がつかないし、ジャケットも今までにない"昭和の香り"がするようなもの。彼女の新たな一面を表現した作品になるのか、全盛期の歌声は戻っていなかった「everyhome」と比べてどこまで回復しているのか、興味が尽きない。

 それと併せて、10/31には待望の4thアルバム「LAS VEGAS」のリリースも決定した。こちらもタイトルが意味深。過去3作のタイトルも捻った感じのものだっただけに、こうしたタイトルにした背景など、いずれ彼女の口から語られることだろう。なんとも楽しみだ。
2007/06/06 鬼束ちひろ復帰記念!ライヴ・レビューPartⅣ
 鬼束ちひろの音楽活動再開を記念してのライヴ・レビュー特集もこのPartⅣがラスト。前年の武道館公演の流れを汲む、サントリーホールでのパフォーマンスである。
[2007/06/06 鬼束ちひろ復帰記念!ライヴ・レビューPartⅣ]の続きを読む
2007/06/04 鬼束ちひろ復帰記念!ライヴ・レビューPartⅢ
 PartⅢでは、いよいよ実現した武道館公演について取り上げる。この武道館公演の模様は、後日DVDとしてもリリースされた。昨年リリースされたアンジェラ・アキ、初めてのDVDも武道館公演のものであっただけに、やはり武道館というのはミュージシャンにとって、特別な場所であるのだろう。
[2007/06/04 鬼束ちひろ復帰記念!ライヴ・レビューPartⅢ]の続きを読む
2007/06/03 鬼束ちひろ復帰記念!ライヴ・レビューPartⅡ
 PartⅠに引き続き、PartⅡでは、2ndアルバム発売後のツアーにおいて、鬼束ちひろが体調不良で数公演をキャンセルした後の東京公演について取り上げる。
[2007/06/03 鬼束ちひろ復帰記念!ライヴ・レビューPartⅡ]の続きを読む
2007/06/02 鬼束ちひろ復帰記念!ライヴ・レビューPartⅠ
 この5/30に2年7ヶ月ぶりのシングル「everyhome」をリリースすることにより、本格的な音楽シーンへの復帰の第一歩を踏み出した鬼束ちひろ。完全復活!と言えるまでにはまだまだ長い道程があると思うが、彼女の真価はライヴにあり!と私は考えているので、以前別のサイトに掲載していた、私が過去に体験した鬼束ちひろのライヴ・レビューをここに再掲することで、将来実現するであろう彼女のライヴへの期待としたい。
[2007/06/02 鬼束ちひろ復帰記念!ライヴ・レビューPartⅠ]の続きを読む
2007/06/02 鬼束ちひろ/「everyhome」
onitsuka.everyhome.jpg

 音楽活動を再開した鬼束ちひろ、2年7ヶ月ぶりのシングル「everyhome」が5/30にリリースされた。
[2007/06/02 鬼束ちひろ/「everyhome」]の続きを読む
2007/03/21 鬼束ちひろニューシングル、発売決定
 先日のAP BANG!東京環境会議において復活のパフォーマンスを披露した鬼束ちひろの、2年半ぶりとなるニューシングル「everyhome」のリリースが5/30に決定した。

 タワーレコード等のサイトによると、"everyhome"の他、カップリングは"MAGICAL WAORLD"、"秘密"の2曲であるとのこと。テレビの情報番組で流れたパフォーマンスの模様は"everyhome"の映像であり、鬼束らしいバラード曲。復活第1弾の全貌がベールを脱ぐその日が楽しみでならない。引き続き、このblogでもサポートしていきたい。

 ついでに、BON JOVIのカントリー・アルバムとなるニューアルバム「LOST HIGHWAY」が全米で6/19にリリースされることがアナウンスされた(日本盤の発売日は現時点では未定)。1stシングル"(You Want To)Make A Memory"は、BON JOVI公式サイトで試聴できる。聞くところによると、秋にはベストアルバムが発売され、ベストヒット・ツアーの可能性もあるそうで、こちらも目が離せない。
2007/02/24 鬼束ちひろが帰ってくる!
roj.jpg

 昨年秋に映画「もんしぇん」のミニライヴに飛び入り参加することで、久しぶりに公の場に登場した鬼束ちひろであるが、2/20発売の「ROCKIN'ON JAPAN」誌及び2/21付のスポーツ報知で報じられたように、いよいよ2年半ぶりに音楽シーンに復帰することになった。

 活動休止中も十数曲を書き下ろし、既に昨春からレコーディングを開始ししていた模様。また、「ROCKIN'ON JAPAN」誌では、デモ音源として、"everyhome"、"Angelina"、"NOW"という楽曲タイトルも掲載されている。

 彼女が表舞台から姿を消してからの2年半で、楽曲の世界観が変化したのか、それとも以前と変わらぬスタンスを貫いているのかについては、プロデューサーが小林武史であるというところに一抹の不安がないでもないが、初夏に発表予定とされる新曲及びその後リリース予定のアルバムの音を聴いて判断するということで、今は彼女が音楽活動を再開したことを素直に喜びたい。

 本日までのお買い物>JEFF BUCKLEY 「SKETCHES FOR MY SWEETHEART THE DRUNK」、MEAT LOAF 「BAT OUT OF HELL SPECIAL EDITION」、「BAT OUT OF HELLⅡ:BACK INTO HELL」、THUNDER 「ROBERT JOHONSON'S TOMBSTONE」(日本盤)(以上CD)、石持浅海 「アイルランドの薔薇」、垣根涼介 「ギャングスター・レッスン」(以上書籍)