Once Bitten,Never Shy~言わずに死ねるか!~
日々の出来事言いたい放題。毒適量。
斉藤花@青山月見ル君想フ~逢えたらいいね~(2010/07/07)
 私のお友だちであり、私の友人が手掛けるシンガー、斉藤花ちゃんの次のライヴが決まりました。

2010/07/07(水)@青山月見ル君想フ~逢えたらいいね~

OPEN 18:00 START 19:00
チケット代 前売り:2,300円 当日:2,800円(共に1Drink別+500円)
出演 斉藤花 / 倉沢桃子 / KUMAMI / ニトロイ
(花ちゃんの出番は2番目です)

斉藤花オフィシャルHP

斉藤花オフィシャルblog

斉藤花MySpace

 なお、7/7には、彼女の最新アルバムもリリース予定。会場で買える・・・かな。

斉藤花/Moondance


 やっぱ、彼女の"Moondance"、好きだわ~。中2で初めて人前でパフォーマンスしたのがヴァン・モリソンのこの曲って、渋い(笑)。
スポンサーサイト
斉藤花再始動!
 1月はお休みしていた私のお友だちのシンガー、斉藤花ちゃんだが、2月に入り、ライヴ活動を再開した。既に2/3にライヴのゲストとして歌っているが、その他にも幾つかライヴが決まっている。

2010/02/12(金)@スターバックスコーヒー東京ミッドタウン コンプレックス スタジオ店
19:00~19:30/20:00~20:30の2ステージ

2010/02/26(金)@恵比寿天窓switch
w/コミネリサ/他
19:00開場/19:30開演
チケット代:2,000円(ドリンク代別)

 そして、花ちゃんのオフィシャル・サイトもリニューアル。彼女のblog共々チェックしてくださいませ。
斉藤花@渋谷7th FLOOR~Beginning~(2009/01/30)
hana_7thfloor.jpg

 あれからもう一週間経ちましたが、斉藤花ちゃんのワンマン・ライヴが無事に終わりました。当日の模様を簡単にレビューなど。
[斉藤花@渋谷7th FLOOR~Beginning~(2009/01/30)]の続きを読む
斉藤花、ワンマン・ライヴ@7th FLOORやります
 当blogでも何度となく取り上げている、私の友だちでもある斉藤花ちゃんが、この度渋谷で待望のワンマン・ライヴをやることになりました。詳細は、次のとおり。

斉藤花~Beginning~
2009/01/30(Fri)
渋谷7th FLOOR(O-WESTビル7F)
03-3462-4466
19:00 open 19:30 start
Charge
¥2,500+1drink(adv.)
¥3,000+1drink(door)

 今回は、フルバンド編成で、オリジナル曲をメインにジックリと聴かせてくれる予定です。そして、ゲストとして、EGO-WRAPPIN'のサポート・メンバーとしても知られるサックス(その他諸々)奏者の武島聡氏がサポートに付いてくれることになりました。

 リハと同様、前売りも順調に予約が入っているようで、どんなステージになるか、楽しみです。

斉藤花blog
斉藤花オフィシャル・サイト

 余談ですが、この7th FLOORは、「ONE」リリース前のアンジェラ・アキが、2004年12月に伝説の"点滴ライヴ"(そのときのレビューはこちら)を行った思い出の場所として、私の記憶に深く刻み付けられています(その他にも、一昨年の2度目の武道館公演のフォトブックも、ここで写真撮影が行われている)。

 なんか、そうした点からも、奇妙な"縁"が感じられますな。
アイリッシュ・ナイト@代々木ARTICA(2008/08/21)
stout_hana.jpg

 代々木のWarter Bar ARTICAで、斉藤花ちゃんのサポートをしているギタリストの間宮工さんとアコーディオンの寺岡佐和子さんのユニット、STOUT!のライヴ"アイリッシュな夕べ"を観てきた。

 そのSTOUT!のパフォーマンスの前に、1stステージとして斉藤花ちゃんが出演することになっていた。まずは花ちゃんのステージ。間宮さんのギターをバックにオリジナル曲をメインにリラックスしたパフォーマンス。途中で寺岡さんも加わって、彼女のコーラスとアコーディオンによって、曲の雰囲気が今までとはガラリと異なる印象を与える。花ちゃんの曲って、こうした女声コーラスが入ると一層良くなると思う。特に"ダーリング"や"私の秘密"などは、このバージョンの方がいいかも。

 8曲のオリジナル曲を演って、ラストは今夜の"アイリッシュ・ナイト"に敬意を表してヴァン・モリスンの"Moondance"。こちらもアコーディオンの音色をバックになかなかいい感じの仕上がり。オリジナル曲には懐かしい"昭和の香り"も感じられたりして、面白かった~。

 暫しのインターバルを挟んで、続いてはSTOUT!のパフォーマンス。オリジナル曲とアイリッシュ・トラッド・ソングを交えながらの1時間弱のステージ。アイリッシュ・ミュージック好きの私としては、座って聴いているのが勿体なくて、立ち上がって踊りだしたくなりましたわ(笑)。寺岡さんは、3種類のアコーディオンを使い分けていたんだけど、この響きがなんとも耳に心地よい。それから、いつも斉藤花ちゃんのバックで黙々とギターを弾いている間宮さんのVo.が聴けたのも嬉しい驚き。

 アンコールは花ちゃんをステージに上げて、なんとFAIRGROUND ATTRACTIONの"Find My Love"が飛び出すなど(アイリッシュではなくスコティッシュですが)、かなり面白いステージでした。STOUT!は、今度は9/23に沼袋のローマ美容院でサンバ・バンドとの対バンライヴを行うとのこと(詳細はこちら)。アイリッシュvsサンバ、そして沼袋なのに"ローマ"とは、これいかに!?(謎笑)
斉藤花、ワンマン・ライヴ決定!
 私の"師匠"が手掛けていて、私のお友だちでもある斉藤花ちゃんの、"Soft Atmosphere Live Vol.1"と題したワンマン・ライヴが決まりました。公演日程は、次のとおり。

 2008/08/13(水)@下北沢BAR? CCO

 開場は19:00、開演は20:00からの2ステージを予定(それぞれ50~1時間を予定)。1stステージと2ndステージとではセットの内容を変えるということ、それから入替制ではないので、Chargeの¥1,000+飲食代金で2ステージ観られちゃうという結構お得な感じかも。

 私もこのBAR? CCOには行ったことがないんだけど、元プリンセス・プリンセスの中山加奈子さんも定期的にライヴを行っているらしく、Foodメニューも結構充実した雰囲気の良さそうなワイン&イタリアン・バーのようです。お時間のある方は是非。
斉藤花@オオサカキング2008
 既に何度もこのblogで取り上げていえる、私の友人が手掛けていて、私のお友だちでもある斉藤花ちゃんですが、7/26~8/3の期間大阪城公園で行われているオーサカキング"NAGOYAKA LIVE"に出演します。

 彼女の出番は7/29(火)15:30~@本丸ステージとのこと。なんか一番暑い時間帯の屋外というのが大変ですが、一服の清涼剤となるアコースティックなステージを観せてもらいたいもの。

 今後の方向性も含めてまだまだこれから練っていかなければならない素材ですけど、潜在能力の高さは間違いないところ。お近くの方でお時間のある方は是非チェックしてくださいませ。なんたって、FREE LIVE、"タダ"ですから(爆)。

 以下のビデオは、アンジェラ・アキもアマチュア時代に伝説の"点滴ライヴ"を行ったことでも知られる渋谷7th Floorにて7/7に行われたライヴ映像です。

斉藤花/グッド・バイ・マイ・ラヴ


斉藤花/ダーリング
斉藤花@サンシャインシティ~Sunshine City The 30th Anniversary Live~KiseKi~(2008/05/18)
 斉藤花ちゃんの今回のライヴは、池袋のサンシャインシティの30周年記念イベントの一環として開催されたものでした。

 会場となるサンシャインシティ地下の噴水広場は、ちょうど天井が吹き抜けになっていて、好天に恵まれただけあって春の日差しが心地よい。ほぼオンタイムで司会の野本さんが登場して花ちゃんの紹介をし、本日もサポートしてくれるお馴染みのYancyさんと間宮さんに続いて花ちゃん登場。登場時に噴水がパ~ッと噴き上げるというのがいかにもな演出でしたけど(笑)、それはまた別の話。

 今日の花ちゃんはベージュのパンツルックに髪には少しメッシュをいれたみたい。1曲目はスタンダード・ナンバー"On The Sunny Side Of The Street"。日差しが心地よいポカポカ陽気の中で聴くと、雰囲気がいいものだ。

 その後は「FOZZ」収録曲を続けるわけだけど、なんだかほっこりした気持ちになって、いつもの屋内で聴くのとはまた違った気持ちよさを感じる。もっとも、もしかしたら結構緊張していたのかもしれないと思ったのは、"空も飛べるはず"の1番で完全に歌詞が飛んでしまったみたいで、サビの部分は自作の歌詞でなんとか誤魔化したところ(苦笑)。この辺りは今後に向けての課題と言えるのだけど、こうしたことも経験ということで、糧にして頑張ってもらいたいものだ。

 そしてラストはいつものとおりヴァン・モリスンの"Moondance"で締め括ってくれるという、こうした不特定多数のオーディエンスの前ではもっとメジャーな曲を演るという手もあるのだろうけど、それをやらずに自分のやり方を通すというところがとても好感が持てる。今後もそのスタンスを崩すことなく精進してもらいたいと思う。

SET LIST
01.On The Sunny Side Of The Street
02.カナリア諸島にて
03.グッド・バイ・マイ・ラブ
04.空も飛べるはず
05.ダーリング
06.Moondance
斉藤花、フリーLive@サンシャインシティ決定
 斉藤花ちゃんのフリー・ライヴがまたまた決まりました。詳細は次のとおり。

Sunshine City The 30th Anniversary Live ~KiseKi~
5/18(日)13:00~@サンシャインシティ 専門店街アルパ B1F 噴水広場

 お時間のある方は是非。ちなみにこの日は17:00から新宿のタワレコでSuperflyのインストア・ライヴもあるので、ハシゴですな。

 Superflyといへば、代々木公園でのフリー・ライヴがある5/14って、どうやら台風の影響でお天気がヤバそうなんだけど、大丈夫かな?もしかして、志帆ちゃんって誰かさんと同じで雨女だったりして(爆)。
斉藤花@晴れたら空に豆まいて(2008/05/01)
 強い横風と小雨交じりの悪天候に幾分悩まされながらも4/19の六本木ヒルズアリーナでのフリーライヴも無事に終えた斉藤花ちゃん。今度は代官山の晴れたら空に豆まいてでのライヴです。

 今夜は全5組中トップバッターでの登場。今夜のサポートは、いつもお馴染みキーボードのYancyさんとアコギは間宮さんではなく大澤直樹さんという方。ファンクバンド東部警察のギタリストの方だそうです(大澤さんのblogはこちら)。

 実は花ちゃん風邪をひいていたそうで、声が出るかどうか、一抹の不安があったのだけど、いざライヴがスタートしてしまえば、1曲目のジャズのスタンダード、"On The Sunny Side Of The Street"からその歌声には大きな問題は感じられない。確かに中盤辺りは高音が些か辛そうだったように感じたけど、気になるほどのものではない。

 そして、特筆すべきはステージングに段々と余裕が出てきて、とてもいい雰囲気を出せるようになってきたこと。歌だけでなくステージングがしっかりしていると、その世界観に一層入り込みやすいもの。まだまだライヴの本数は多くないのにもかかわらず、吸収力があるってことなんだろうね。やっぱ若いって素敵なことです(笑)。ということで、今回もラストは"Moondance"で締め括り、今後がマジで面白くなりそうだとの確信を抱いたのでした。

SET LIST
01.On The Sunny Side Of The Street
02.カナリア諸島にて
03.グッド・バイ・マイ・ラブ
04.ダーリング
05.奏(かなで)
06.Moondance

(参考)4/19@六本木ヒルズアリーナでのSET LIST
1st Stage
01.Smile
02.空も飛べるはず
03.ダーリング
04.カナリア諸島にて
05.グッド・バイ・マイ・ラブ
06.On The Sunny Side Of The Street

2nd Stage
01.Don't Worry,Be Happy
02.カナリア諸島にて
03.DOWN TOWN
04.ダーリング
05.奏(かなで)
06.Moondance