Once Bitten,Never Shy~言わずに死ねるか!~
日々の出来事言いたい放題。毒適量。
2006/12/31 今年の締めは"HOME"で"HOME"を
 いよいよ今年も残すところあとわずか。昨日は友人たちとの毎年恒例の今年の締め括りの飲み会で、色々なネタで大いに盛り上がった。

 今年は、アンジェラ・アキ飛躍の年であったが、それと同時に今まで知らなかった良質の音楽と出会えた年でもあった。来年も、色々な音楽と、真摯に向き合っていきたい。

 さて、大晦日好例の紅白歌合戦、今年は本当に久し振りに見ることなる。お目当てのアンジェラ・アキのステージは、私の願いが通じたのか、かなり後の方なので、余裕で実家に帰ることができそうだ。一昨年の大晦日のように、大雪などで新幹線が止まらなければだけどね(笑)。

 というわけで、間もなく実家に帰りますので、恒例の超極私的BESTのアップは年明けになります。アンジェラの武道館レビューで燃え尽きましたので(汗)。今年お会いすることのできたすべての方に心より感謝します。来年も、懲りずにお相手してくだされば嬉しく思います。
スポンサーサイト
Angela Aki@日本武道館~MY KEYS 2006~(2006/12/26)
 私の"武道館デビュー"は案外遅く、AEROSMITHの「PUMP」に伴うツアーだったと記憶している。その後も武道館での数多くのミュージシャンのライヴに足を運び、音響の悪さに泣かされながらも(苦笑)、様々な位置からライヴを楽しんできた。今夜、またひとりのミュージシャンが、その武道館のステージに初めて立つ。
[Angela Aki@日本武道館~MY KEYS 2006~(2006/12/26)]の続きを読む
2006/12/25 "巨星"墜つ・・・
 クリスマスだからして、先日友人の薦めで購入したジェームス・テイラー初のクリスマスアルバム「AT CHRISTMAS」(これがなかなか渋くていいんだわ)について書こうと思ったが、ソウル、ファンクの帝王JBことジェームス・ブラウンの突然の訃報が飛び込んできたので、ジェームス違いでこちらの記事を。

 私は彼のパフォーマンスを生で観たことはないし、曲を沢山知っているわけではないから"ファン"などとは口が裂けても言うことはできない。でも、後世のミュージシャンたちに多大なる影響を与えた偉大なミュージシャンであることは承知している。私の中ではまだまだ現役というイメージがあっただけに、驚きを禁じえない。心より彼のご冥福をお祈りします。

 それにしても、今年は特に著名人の訃報が相次いでいるような気がする。先日の青島幸男さんや岸田今日子さんだけでなく、映画界ではロバート・アルトマン監督、フィリップ・ノワレ、そして実相寺昭雄監督も・・・。ウルトラマン世代の私にとっては実相寺監督は馴染み深い監督だし、昨年公開された「乱歩地獄」では、実相寺監督が担当した「鏡地獄」で知人の女優さんが出演するなどしていたから、喜び勇んで映画館へ足を運んだものだ。

 また、ロバート・アルトマン監督は、群像劇を描かせたら右に出る者はいないのではないかと思っていた。来春公開の「今宵、フィッツジェラルド劇場で」が遺作となってしまったわけだ。予告編を見る限りでは、これまた優れた群像劇のようだ。監督の最後の作品を、しかと瞼と心に焼き付けてこようと思う。
2006/12/19 "HOME"しかありえない
 大晦日の紅白の曲目が発表された(詳細はこちら)。当然アンジェラ・アキが歌うのは"HOME"である。12/2のニッキでも書いたとおり、この曲を歌うのであれば、彼女の魅力をより広い層に伝えるという意味でも意義深いことである(この場合、フル・バージョンであるか否かというのは大きな問題ではないと考える。あくまでも、テーマに沿って、どう歌うかではなく、何を歌うか、という点に主眼が置かれているのだから)。そもそも、今年の紅白のテーマが「愛・家族~世代をこえる歌がある~」なのであるからして、"HOME"以外には考えられない。なにせ、今年のZeppツアーにおいて、「"家"、"HOUSE"というのは単なる"ハコ"に過ぎない。その"ハコ"の中に家族を入れ、笑いを入れ、涙を入れ、そして愛を入れることによって"HOME"になるんじゃないかな。」という名言を残した彼女だからして、すべての心の拠り所となるものに対する深い愛に満ち溢れたこの曲でこの一年を締め括るのが当然なのである。

 刺されるのを覚悟で暴言を吐いてしまえば、"HOME"以外の楽曲を望んでいた人、予想していた人は、アンジェラ・アキのことをな~んにも分かっちゃいないのだ。

 そんな話を土曜日の飲み会のときも友人たちとしていて、これで"HOME"じゃなかったら、マジでNHKに抗議の電話をしようとすら思っていたもの。もっとも、生まれてこの方NHKの受信料を払ったことのない私には抗議する資格などないのだけれど(汗爆)。

 あとは、大晦日は実家に帰る新幹線が仙台に到着するのが18:30過ぎなので、そこからダッシュすれば19:20の放送開始にはなんとか間に合いそうだけど、万が一のこともあるので、できれば出番はできるだけ後ろの方がありがたいんですけどね(笑)。お願いしますよNHKさん。って、受信料払っていない奴が注文つけるな~!(爆)

 因みに石川さゆりさんには是非とも"津軽海峡冬景色"を歌ってもらいたかったんだけど、テーマがテーマだけに、仕方ないよね。残念(笑)。って、アンジェラのことをな~んにも分かっちゃいない、なんてエラソーなことを言っている私も、所詮は同じ穴の狢でしたな(笑)。
2006/12/16 "アンジェラ"違いでした(笑)
 土曜日の朝刊を広げて社会面を見たら、広告欄に「angelaコンサート中止のお知らせ」の文字が。えっ!?と思ってよく見たら、勿論アンジェラ・アキではなく、男女のユニットangelaの方でした(苦笑)。どうやらVo.のatsukoさんが体調を崩したため、やむを得ずの中止らしい。そういや彼らも岡山出身で、公式サイトによると、アンジェラも取り上げられたことのある山陽放送の「そこに夢があった」に出演しているんだね。体調不良といへば、年末は2年続けての"点滴ライヴ"となっているだけに、武道館まであと10日を切った今であるからして、アンジェラにも体調管理には気をつけてもらいたいものだわ。

 この日は昼間渋谷で「愛されるために、ここにいる」を観て、夜はガッコーのクリスマス・パーティー。イタリアン・レストランで適度に盛り上がったけど、マネージャーの突然の異動が発表されて、あら残念。それにしても、ここのところ、講師だけでなくスタッフの入れ替わりが激しすぎる。落ち着いた学習環境を望む者としては、困ったもんだ(溜息)。

 一次会の後はいつものメンツで二次会へ。みんな来週の武道館公演へ行く連中なので、必然的にアンジェラの話題に。私と同じ時期からアンジェラを応援し続けている連中もいるので、"On&On"も含めて辛口トークも交えながらの非常に興味深い話ができた。でも、一番ウケたのは、そのうちのひとりが出演することになった、年末の某特番の収録時のネタだな(謎笑)。

 本日までのお買い物>GREAT WHITE 「RECOVER-Deluxe Edition」、LYNYRD SKYNYRD 「OLD TIME GREATS」、ROCK STAR SUPERNOVA「ROCK STAR SUPERNOVA」、SHARK ISLAND「GATHERING OF THE FAITHFUL」、STATUS QUO 「AIN'T COMPLAINING」(以上CD)
観ないで死ねるか!~2006年劇場鑑賞作品一覧12月編~
073 リトル・ミス・サンシャイン☆☆☆☆ 12/27@シネクイント

072 あるいは裏切りという名の犬 ☆☆☆☆★ 12/22@銀座テアトルシネマ

071 愛されるために、ここにいる ☆☆☆☆ 12/16@ユーロスペース
 決して派手ではないむしろ地味な作品ではあるが、人生に疲れ果てた中年男性と結婚を目前にしているにもかかわらず満たされない気持ちを抱えた女性の、タンゴを通じての交流とともに、双方の心の襞、感情の揺れを静かなトーンで描き出す佳作。ラストのダンスシーンでは、今まで静かに溜まっていた感情が噴き出すようにグッとくるものがある。また、男とその父親とのエピソードもいいアクセントになっている。 

070 007 カジノ・ロワイヤル ☆☆☆☆ 12/9@新宿ミラノ2
 まさに"ジェームズ・ボンド・ビギニング"な作品。ラストはやや駆け足気味ではあったものの、それを補って余りある、"お色気"よりも"アクション"満載のドクドキワクワク感を満喫できる。また、若さ故の無鉄砲さで突っ走るジェームズ・ボンドをダニエル・クレイグがクールに演じている。次回作が楽しみだ。それと、クリス・コーネルが歌う"You Know My Name"もいい感じ。
 
2006/12/10 Angela Aki/"On&On"
 アンジェラ・アキ、約半年ぶりの新曲"On&On"が、(現在のところ)配信限定でリリースされた。印象的なイントロのピアノの調べが80年代ポップスのような、どこかで聴いたことのあるような"懐かしさ"を覚える("掴み"としては、十分な機能を果たしていると思う)アップテンポな、アンジェラ・アキの"ポップ・サイド"の楽曲と言って差し支えないだろう。
[2006/12/10 Angela Aki/"On&On" ]の続きを読む
2006/12/10 スイスといへば
krokus.jpg

 スイスのロック・バンドといへば、現在ではGOTTHARDが有名だが、それよりも前、80年代前半に全米チャートを席巻したKROKUSを忘れてはならない。ここ日本では1990年の「STAMPEDE」以来アルバムがリリースされていなかったが、ようやく十数年ぶりにニューアルバム「HELLRAISER」がリリースされた。

 一時期バンドを脱退していたマーク・ストレイス(Vo.)も現在は復帰し、G.にはこれまた一時期在籍していたマンディ・メイヤーが復帰。"らしくない"かもしれないけど、個人的には一番好きな1986年リリースの「CHANGE OF ADDRESS」以降の作品では最も粒揃いの楽曲が並んでいると思う。

 AC/DCのボン・スコットを彷彿とさせるマーク・ストレイスの歌唱も、今まで楽曲によっては暑苦しさを感じさせたのだけど、今回のこのアルバムではそんなことはない。AC/DCに対する認知度がまったくもって低いここ日本のマーケットでは、AC/DCタイプの音楽を演っているKROKUSが入り込む余地はないかもしれないけど、今回十数年ぶりに日本でアルバム・リリースに漕ぎ着けたことを切っ掛けとして、何らかの形で初の来日公演が実現してくれないかなと願うばかりである。

 えっと、何故今回KROKUSの記事を取り上げたかというと、今年スイス人の彼と結婚して現在カナダ在住の友人から、先日スイスでの結婚式の写真が送られてきたことで、ちょっと"スイスつながり"で何かで書いてみたくなったのでした。
2006/12/09 初めての"007"


 年末に向けて何本かの観たい作品が来週から公開されるので、今週は特に"これ!"といった作品はなかったのだけど、「Jの悲劇」、「レイヤー・ケーキ」で好演していたダニエル・クレイグがニュー・ジェームズ・ボンドを演じるということで興味を惹かれた「007 カジノ・ロワイヤル」を観ることにした。
[2006/12/09 初めての"007"]の続きを読む
2006/12/05 植松伸夫&イアン・ギランって・・・
eternity.jpg

 アンジェラ・アキと"Kiss Me Good-Bye"をコラボレートした植松伸夫氏が、今度はX-BOX360用ゲームソフト「BLUE DRAGON」の挿入歌として、マキシシングル「Eternity」をリリースした(ニュースソースはこちら)。

 なんと、今回この楽曲でボーカルを務めるのがDEEP PURPLEのイアン・ギランだという。彼の参加の経緯は分からないが、植松さんの人脈の広さに驚く。植松伸夫とイアン・ギランのコラボレート、私にとってはアンジェラ・アキとのコラボレート以上にインパクトは強い。

 でも、HMVタワレコ、双方のサイトで、共に"元"DEEP PURPLEのボーカルという書き方をされているのはトホホだわ(爆)。確かに何度か辞めたけど、今はまだ在籍してますから~。
2006/12/05 リマスター再発は嬉しいけど・・・
oncebitten.jpg

 昨年10月にリリースされたGREAT WHITEのバックカタログのリマスター盤を先日ようやく揃えることができた。例えば彼らの最高傑作「ONCE BITTEN」などは、オリジナル盤では籠もり気味に聴こえた音像がクリアになったように思え、それなりの効果はあったようだ。
[2006/12/05 リマスター再発は嬉しいけど・・・]の続きを読む
2006/12/03 Angela Aki Early Days in Japan PartⅡ(2004-2005)
 PartⅠでも書いたとおり、アンジェラ・アキは、2003年の後半から2004年の年末までの間は、ライヴ活動を行っていなかったようだが(とはいえ、2004年の2月から日立DVDカムのCMソングとして"愛するもの"が使われたりと、動きはあった。当時、毎週土曜日放送の日立がスポンサーとなっているTBS「世界・ふしぎ発見!」においてCMが流れるとの情報をキャッチして、それをみんなで見るために友人宅に集まったことを思い出す)、突如2004年の12月にライヴ活動再開。ここから現在のスタイルであるピアノの弾き語り形式でのライヴとなった。
[2006/12/03 Angela Aki Early Days in Japan PartⅡ(2004-2005)]の続きを読む
2006/12/02 Angela Aki Early Days in Japan PartⅠ(2003)
 アンジェラ・アキの武道館公演までのカウントダウンが始まり、大晦日の紅白歌合戦への出演も決定(もっとも、既に権威を失ったこの番組へ出演することが、一体どれだけのメリットがあるのか分からないのだけど、世代、時代を超越して歌い継がれるべき名曲"HOME"を歌うのであれば、彼女のことを知らない人にも彼女の魅力を伝えるという意味で、必要なプロセスなのであろう)したことで、ブレイクを果たした2006年のひとつの区切りとして、あらためて彼女が2003年に帰国して日本で活動を開始してから今日までの軌跡を、私の実体験に基づいて整理しておこうと思う。

[2006/12/02 Angela Aki Early Days in Japan PartⅠ(2003)]の続きを読む