Once Bitten,Never Shy~言わずに死ねるか!~
日々の出来事言いたい放題。毒適量。
Alice Cooper@Studio Coast(2008/03/25)
 アリス・クーパー18年ぶりの来日公演。最新アルバムは日本未発売であるにもかかわらず、招聘してくれてありがとー>クリマンさん。

 私も決して彼に多大な思い入れがあるわけではないけれど、そのシアトリカルなショウは一見の価値ありだと思はれます。
[Alice Cooper@Studio Coast(2008/03/25)]の続きを読む
スポンサーサイト
観ないで死ねるか!~2008年劇場鑑賞作品3月編~
018 4ヶ月、3週と2日 ☆☆☆☆ 3/29@銀座テアトルシネマ

017 燃えよ!ピンポン ☆☆☆ 3/25@みゆき座

016 88ミニッツ ☆☆☆★ 3/22@銀座シネパトス

015 デッド・サイレンス ☆☆☆★ 3/22@有楽町スバル座

014 アメリカを売った男 ☆☆☆★ 3/20@シャンテシネ

013 ノーカントリー ☆☆☆☆ 3/15@TOHOシネマズ府中

012 裏切りの闇で眠れ ☆☆☆★ 3/8@新宿武蔵野館

011 ペルセポリス ☆☆☆★ 3/2@シネマライズ
竹仲絵里@Duo Music Exchange~love smile shower*~(2008/03/22)
DVC00026.jpg

 竹仲絵里のワンマン・ライヴ、"love smile shower*"が渋谷Duo Music Exchangeで行われた。私が彼女のパフォーマンスを生で観るのは今回が初めて。そもそも彼女に興味を持った切っ掛けは、アンジェラ・アキの"育ての親"である松岡モトキ氏がここのところ彼女の作品のプロデュースを手掛けているということ、そして昨年12月にリリースされた新曲「真っ白な雪、真っ白な未来」がなかなかいい仕上がり具合だったから。そんなわけで、一体どんなパフォーマンスを観ることができるのか、興味津々だったわけです。
 
[竹仲絵里@Duo Music Exchange~love smile shower*~(2008/03/22)]の続きを読む
2008/03/20 フェイク予告編だけじゃ勿体ない
machete001.jpg

  本日届いたタランティーノ&ロドリゲスの「グラインドハウス コンプリートBOX」(6枚組)。HMV ONLINEで予約すると先着でHMVオリジナル特典が付くということで、楽しみにしていたら、その特典というのがなんと、フェイク予告編で流れていた「マチェーテ」のポスター!

 いや~、ここまで徹底してやってくれるなんて、嬉しいじゃありませんか。しかもこのポスターが超クールな代物で、フェイク予告編の域を超えていますよ。是非マジで映画化してくださいな>ロドリゲス監督。
Contenporary Exotica Rock Orchestra show in mona(2008/03/13)
 3/3のニッキで記事にした、"Contenporary Exotica Rock Orchestra show in mona"が、下北沢のモナレコードで無事に開催されました。

 
[Contenporary Exotica Rock Orchestra show in mona(2008/03/13)]の続きを読む
2008/03/18 A Song For You
 アンジェラ・アキが充電中に、またしても彼女の"ルーツ"となるミュージシャンの来日公演が決まりましたね。今回はレオン・ラッセル。会場はジャニス・イアンと同じくBillboard Live。公演日程は、次のとおり。

2008/05/14@Billboard Live大阪
2008/05/16@Billboard Live東京
2008/05/17@Billboard Live東京

 東京公演のいずれかに行こうかしら。こうして考えると、当初5/17だったBULLET FOR MY VALENTINE@Zepp Tokyo公演が翌日に日程変更になったのはラッキーかも。もっとも、こちらは行けるかどうか微妙になったんだけどね。

 というわけで、故レイ・チャールズとウィリー・ネルソンとの共演のこちらを。

Maria Muldaur@渋谷CLUB QUATTRO(2008/03/06)
maria_20080306.jpg

 Superflyの志帆ちゃんが影響を受けたミュージシャンのひとりであるマリア・マルダーが来日公演を行った。私が彼女の来日を知ったときには東京の本公演は既にSold Out。しかし、追加公演がブッキングされ、幸いにもチケットを押さえることができたので、志帆ちゃんが影響を受けたマリアってどんなパフォーマンスをするのだろうというかなりのミーハー心丸出しで(苦笑)行ったわけですが、そうしたこととはまったく関係なしの素晴らしいパフォーマンスだった。
[Maria Muldaur@渋谷CLUB QUATTRO(2008/03/06)]の続きを読む
2008/03/03 Contenporary Exotica Rock Orchestra show in mona
cero_hana.jpg

 既に何度かこのblogでも記事にしている私の友人が関わっているバンドceroと20歳のシンガー斉藤花が、来る3/13(木)に下北沢のモナレコードで対バンでライヴをやることになりました。題して"Contenporary Exotica Rock Orchestra show in mona"です。

 この日はゲストとしてペダル・スティール奏者の駒沢裕城さんも登場されます。駒沢さんは、4/9リリースの花ちゃんのデビュー・アルバム「FOZZ~Greatest Japanese Song~」収録の荒井由実のカバー"やさしさに包まれたなら"にゲスト参加されているのですが、実はこの駒沢さん、1974年10月リリースの荒井由実の2ndアルバム「MISSLIM」収録の"やさしさに包まれたなら"の"アルバム・バージョン"(同曲のシングル・バージョンは、荒井由実の3rdシングルとして同年4月リリース)でも同じくペダル・スティールで参加されているのですよ!30数年の時を越えて再び、というのは、なんとも面白いじゃありませんか。

 興味のある方は是非ともモナレコードへGo。当日は19:00open、19:30startで、前売2,000円、当日2,300円(共に1drink別)となっています。前売希望の方は、ceroのHPからメールにて予約が可能です。